健康であれ

男女の歯医者

インプラントは人間の体内に埋め込む医療器具のことですが、特に歯科では人工の歯根を意味します。
抜けた歯のかわりにネジを埋め込み、これに人工の歯を被せたものをインプラント義歯といいます。
入れ歯独特の違和感が少なく、自分の歯のような感覚で会話や飲食ができるという特徴があります。
従来の部分入れ歯やブリッジは、健康な歯を削る必要があるなど、他の歯の寿命を縮めてしまうことがありました。
インプラントにはそのような心配がない上に、見た目も美しく、噛む力も普通の入れ歯より強くなっています。
残った自分自身の歯にダメージを与えず、好きな食事を楽しめることから、高齢者の健康維持にも良い影響を与える治療法であると考えられています。

インプラントは下顎の骨にネジを埋める手術を行ないます。
このとき骨が小さすぎたりすると、手術ができないこともあります。
別の手術で骨を増やすことは可能ですが、それだけ余計に費用がかかります。
また手術のあとは定期健診が必要です。
きちんとメンテナンスを受けていないと、インプラントの周囲で虫歯や歯周病が進行しやすくなります。
一般に費用が高く、治療期間が長くなることもデメリットのひとつです。
ローンが使える医療機関もありますが、入れ歯などに比べて負担が大きいことは事実です。
このようにインプラントにはメリットも数多くありますが、誰にでも向いているわけではないので、デメリットを理解した上で選択することが大切です。